読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこのかわ

とらぬ猫の皮算用

うちのねこ

うちのねこ、マイヤさん。

シアトル生まれ。
1歳ごろまで野良で生活していたが、捕獲されてアニマルシェルターに。そこでの名前はAshley。

 

http://www.animal-talk.com/

マイヤさんがいたシェルター「ANIMAL TALK」

 

他のたくさんの猫がキャットタワーに登り、こちらを見てにゃんにゃんアピールしてくる中、ひとり床の上でこちらに背を向けてお水を飲んでいたねこ。

 

\孤高のねこ/

 

昔、大切にしてた猫のぬいぐるみの「たま」が黄色いトラ猫だったので、そんな毛皮の猫がいいなーと思ってたのに、同行してた人が「あの猫どう?」と指差したのが孤高の猫。てか、顔見えないし。

 

とりあえず抱っこをさせてもらうことになったんだけど、顔も見ずに「この子にする」って決めたのは、毛皮が超ふわふわだったから。

 

ほぼ衝動的に(その日連れて帰るつもりは本来なかった)ケージを借りて、引き取って帰宅していたら、もうすぐ家に着くというアパートの階段で怒りのうんこを漏らされた話は、また別の機会にすることにして。

 

 f:id:wasabing:20160827021220j:image

我が家にきた直後の所在なげなマイヤさん。

 

こうして家にやってきたマイヤさんは、とても気遣いの猫だった。
もしや、シェルターでは他の猫に気遣ってタワーに登れなかったのか?と悟った私は、帰国したら狭い我が家にキャトタワーを導入。

 

しかし、1ヶ月経ってもタワーに登らないマイヤさん。

 

 f:id:wasabing:20160827021448j:image

おやつで誘導されて必死でタワーに登ったけど腰が引けてるマイヤさん

 

もしかして・・・気を遣ってたからじゃなくて・・・

_人人人人人人_
> 鈍くさい <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

マイヤさん、高いところが怖くて登れないだけのひとだった。

 

猫なのに、鈍くさい。
そういうところも、とても好きなのだ。

 

f:id:wasabing:20160827022208j:image

今は平気だけどね!