読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこのかわ

とらぬ猫の皮算用

わが家のぬか漬け

私は昔から味覚が「酒飲みのおっさん」だったのだ。

甘いものが好きではなくて、酒のつまみになるようなものばかりが好きだった。

 

最近になって、それが「酒飲みのお年より」になってきた。

なんか・・・

 

お漬け物とか、いいよね。

 

これまで、いわゆるお漬け物って、出されたら食べるけど、わざわざ自分で作ったり、買ったりするものではなかった(キムチと、京都のお漬け物は例外)。

特に昔、実家で親がぬか漬けを作ってたので、特にぬか漬けは「面倒くさい」というイメージしかなかった・・・・が。

なぜかいきなり「そうだ、ぬか漬け作ろう」と思った私。

 

ちょうどその頃、実家の父親が「ぬか漬け専門店」なるものの番組を見たらしく、「へー!ぬかは混ぜすぎない方がいいのか!」なんて教えてくれた。

毎日混ぜなくてもいいんだ!?

そうしてぐうたらな私のぬか漬けチャレンジが始まった。

 

ぬかは、こちらのお店のぬかを使用。

nuka-chizuka.com

容器は、もちろんホーローのこちら。

野田琺瑯 ぬか漬け美人 TK-32

野田琺瑯 ぬか漬け美人 TK-32

 

 

現在、約1ヶ月ほどぬか漬けを試してみた。

キュウリ

オクラ

ニンジン

ミョウガ

セロリ

ミニトマト

ナス

 

いまのところ、「絶対美味しくできる!」というのはキュウリとオクラ。

しっかり漬っても歯ごたえが残るのがいい。

それからしっかり漬けたニンジンも美味しい。

 

f:id:wasabing:20160913182116j:image

(漬かり方が足りない時は、醤油を少し垂らすと味がキリッとしてまたうまい)

 

夏もそろそろ終るので、秋・冬野菜の漬け物も試してみたいところ。

 

冷蔵庫に入れているせいで、混ぜる手間はかからないけど、漬りにくくて加減が難しい、という欠点も。ただ、2日漬けたら美味しかった、とか、皮をむいたらよさそうだ、とか、もう少し長く漬けてみよう、などと試行錯誤するのもまた面白い。

 

今回の新しいチャレンジはエリンギ。

(セロリはリベンジ)

 

f:id:wasabing:20160913182300j:image

 ご飯のお供としてだけでなく、お酒のおつまみとして絶品のぬか漬けが作れるようになるぞ!

 

 セロリの葉っぱを齧りながらお伝えしました。